北朝鮮の金正恩党委員長は10日、朝鮮労働党創建75周年を記念して行われた閲兵式で演説し、「自衛的正当防衛手段としての戦争抑止力を引き続き強化していく」と述べ、核ミサイルを中心とする戦略兵器体系の発展に注力していく方針を示した。その一方、外部からの脅威に対抗しうる十分な軍事力を保有したとの認識に基づき、国民生活の向上を今後の最大の課題とする立場も明らかにした。国民には感謝と謝罪金正恩氏は演説で、「わずか