「楽天−ソフトバンク」(1日、楽天生命パーク宮城)リリーフに転向した楽天・松井が逆転を許した。1−0でリードして迎えた七回、六回まで1安打無失点に抑えていた岸に代わって、今季初めてリリーフとして登板。先頭のグラシアルを四球で歩かせると、1死後、栗原に適時打を浴びて同点。さらに1死三塁から甲斐にスクイズを決められて勝ち越しを許した。