一人一台のICT機器を児童生徒が使うとなると、その重さも課題になる。デジタル教科書が対策の決め手なるのか?■一台、約1.25kg先日、武蔵野市で導入を決めたICT機器は、日本ACERの「R752T-G2」だ。マルチタッチ対応で画面が360°回転しタブレットのように使える11.6型コンバーチブルノートPCだ。メーカーによれば、「GIGAスクール構想」に完全対応、としているのでスペック的には十分なのだろう。スペックなどは別の機会と