コロナ禍の今、ディスタンスを保つ事が当たり前になり、周りの人との心の距離まで離れてしまい寂しさを感じてしまう事はありませんか?今回は、そんな女性のエピソードをご紹介しましょう。◆コロナ禍でさびしい日々。近所のバーへ足を踏み入れた樋口加奈子さん(仮名・26歳・会社員)の会社は、今年の3月から、テレワークをしています。「まぁ週に一度は出勤しているのですが…遠慮してみんなとの会話は控えめにしています