これまでにもクラウス・アロフス氏のデュッセルドルフ復帰は、幾度となく憶測として浮上しつづけてきた。そして遂にそれが先週末に実現、月曜日には正式に取締役会入閣の会見が行われている。1970年代から80年代に渡ったデュッセルドルフの栄光の時代、アロフス氏は1979年と85年でブンデスリーガ得点王へと輝き、UEFAカップウィナーズカップ準優勝。代表選手としてもユーロ1980の優勝メンバーに名を連ねた