【AFP=時事】中国の大学が、女性は「誘惑にあらがうのが難しい」ためレイプ被害に遭うと記載した冊子を学生に配布し、ソーシャルメディア上で非難の的となっている。問題とされたのは、浙江(Zhejiang)省にある中国美術学院(China Academy of Art)が新入生向けに発行した「安全の手引き」。大学構内では教室などの公共の場や学生寮で性暴力の被害に遭う危険があると注意を呼び掛ける内容だ。だが、女性がレイプ被害に遭う