本記事では、事故被害者救済に程遠い保険制度の改正に、消極的な国の現状と裁判官の実態を見ていきます。交通事故の賠償問題の要因は「国・裁判所の怠慢」交通事故被害者が、保険会社との間で賠償金の交渉がまとまらないとか、自賠責や紛争処理機構の後遺障害認定に不服がある場合、裁判所に救済を求めることになる。裁判である。我が国の交通事故賠償を考えたとき、自賠責保険や任意保険の制度とそれを運用する保険会社のやり方に