これまで全米の注目を集めた二刀流が、来季は1本の刀だけで勝負することになるかもしれない。今季、投打とも低空飛行が続いたエンゼルス・大谷翔平(26)のことだ。大谷4戦連続ベンチで今季終了も 指揮官“飼い殺し”で構想外2018年10月に受けた右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術から復帰し、二刀流として期待された今季は投打ともからっきし。投手では2試合計1回3分の2に登板し、0勝1敗、防御率3