日本自動車工業会会長の豊田章男氏は24日、二輪業界、大型車業界から副会長を迎えるほか、委員会組織を12から5に整理し、事業遂行に最適な編成に見直すとともに、各組織の役割を明確にすると発表しました。なぜ、いま自工会の大改革なのか。そこには、日本の自動車産業を背負って立つ、豊田氏の強い使命感があります。豊田氏が自工会の改革を決意した背景には、こんな事情があります。本来、自工会会長の任期は1期2年で、トヨタ、