いま政治ドキュメンタリーがひそかなブームになっている。無名の野党議員・小川淳也衆院議員の初出馬から現在までの政治活動を追った映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』(大島新監督)が異例のロングラン。上映館は全国に広がり、観客動員数は3万を超えたという。富山市議会の政務活動費不正をめぐるドキュメンタリー『はりぼて』も話題だ。ノンフィクションの書籍では、小池百合子都知事の半生を描いた『女帝』(石井