【AFP=時事】北極海の海氷が今年の夏季、42年間の観測史上2番目に小さい面積にまで融解したことが、米研究チームの21日の発表で明らかになった。地球温暖化の深刻な影響を示す新たな証拠となった。北極海の海氷は毎年、夏に融解し、冬に再び形成されるサイクルを繰り返しているが、1979年から衛星画像を用いて取られている記録からは、最小面積が大幅に縮小していることが示されてきた。コロラド大学ボルダー校(University o