ボツワナのオカバンゴ湿地帯で発見されたゾウの死骸。ナショナル・パーク・レスキュー提供(2020年5月25日撮影、7月3日提供)。(c)AFP PHOTO /NATIONAL PARK RESCUEAFPBB News

ボツワナのオカバンゴ湿地帯でゾウが謎の大量死 細菌の毒素が原因と発表

ざっくり言うと

  • アフリカのボツワナにあるオカバンゴ湿地帯で発生したゾウの大量死
  • 野生動物・国立公園局は21日、細菌の毒素が原因だったと発表した
  • 細菌は池などで繫殖していたが、乾燥に伴い6月末に収まったという

ランキング

x