インドネシア・スマトラ島の一時収容所で、寄付された衣類の上で眠るロヒンギャの男性たち(2020年9月8日撮影)。(c)Rahmat Mirza / AFPAFPBB News

船の上で200日…新生活求めたロヒンギャが語る恐怖の旅

ざっくり言うと

  • 密航業者らにマレーシアでの新生活を約束されたロヒンギャの数百人
  • 船は外洋を200日以上も漂い、船員から拷問も受けていたという
  • 生存者らは、多数の遺体が船外へ放り出されるのを怯えながら見ていたそう

ランキング

x