バルセロナは19日、同日にカンプ・ノウで開催するガンペル杯のエルチェ戦に向け、23名の招集メンバーを発表した。その中でカンテラ出身の21歳MFリカルド・プーチが理由不明の招集外となったことから、スペイン『アス』は「大きな驚き」として伝えている。プーチは2019年4月にラ・リーガ初出場を果たし、昨季はキケ・セティエン前監督の下、公式戦33試合で2ゴール5アシストを記録。これまでのプレシーズンマッチにも全て招集さ