【ベルリン=桑野白馬】スペイン政府は15日、約40年にわたって長期独裁を敷いたフランコ総統のもとで迫害され有罪判決を受けた人の判決をすべて無効とし、フランコ政権による内戦や独裁体制をたたえる集会などを禁止する法案を閣議決定しました。カルボ副首相は同日の記者会見で、法案の目的を「暗い歴史を二度と繰り返さない」ことだと説明。「真実と正義の下で、過去の負債を支払う」と表明しました。66項目にわたる