【ソウル聯合ニュース】韓国で感染経路が分からない新型コロナウイルス新規感染者の割合が増えており、連日過去最高を更新している。中央防疫対策本部によると、今月4日から17日までの2週間に届け出のあった新規感染者2013人のうち、26.4%にあたる532人の感染経路が分からず、調査中という。これは防疫当局が関連統計の発表を開始した4月以降、最も高い。首都圏を中心に集団感染が本格化した8月中旬以降に