車のエアバッグ生地の廃材を使ったエコバッグを、トヨタ系部品大手の豊田合成(愛知県清須市)が製造し、販売を始めた。同社が取り組む、製造過程で出る廃材のリサイクルの一環だ。商品化することで廃材利用の促進をはかる。エコバッグは、主力製品のエアバッグの製造過程で廃材となったナイロンを素材とする。丈夫で汚れにくいのが特徴だという。名古屋市の商業施設「mozoワンダーシティ」に、2千個を卸した。11月21〜23日、1