オレゴン州を中心に広がっている森林火災は、近年にない規模になっている。すでに500万エーカー(約2万平方キロ=関東地方の3分の2に相当)の森林が焼け、行方不明者は数十人にのぼっている。今も新しい火の手はあちこちで上がっており、今後も被害は広がると予測されている。そしてこの未曽有の大災害は、アメリカ社会に別の火種も生んでしまった。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。***こ