安倍晋三首相は12日午前、慶応大学病院(東京都新宿区)に入った。首相周辺は「持病の治療。新しい病気というものではない」と説明している。安倍首相は先月、持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎が再発したとして、辞任を表明した。首相はこの日、東京・富ケ谷の自宅を出て、午前10時ごろに同病院に入った。8月17、24日にもそれぞれ同病院で受診した。辞任を表明した同28日の記者会見では、再発した持病は投薬治療で一定の効き目