【AFP=時事】(更新)チュニジアで6日、国家警備隊員が刃物による攻撃を受けて死亡した事件で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が翌7日、犯行声明を出した。IS系の通信社アマク(Amaq)は、襲撃を実行したのはISの戦闘員らだと、メッセージアプリのテレグラム(Telegram)で発表した。攻撃は同国の沿岸都市スース(Sousse)の観光地で発生。その後同じ地区内で続いた銃撃戦で、襲撃犯3人が射殺された。国家警備隊は「