レバノン首都ベイルートで、救助隊が探知機で脈動を検知し、捜索現場に集まった人たち(2020年9月3日撮影)。(c)JOSEPH EID / AFPAFPBB News

爆発事故から1カ月のレバノン がれきの下に生存者の鼓動か

ざっくり言うと

  • 8月4日の大爆発から、ほぼ1カ月が経過しているレバノンの首都ベイルート
  • 2日夜、港湾地区のがれきの下に生存者の鼓動らしきものが探知された
  • チリの救助隊、レバノンの民間防衛隊などが協力して現場で捜索している

ランキング

x