トルコのガラタサライを退団してフリーとなっていた日本代表DF長友佑都は、フランス1部のマルセイユに加入することが決定した。地元紙『ラ・プロヴァンス』は1日付で、これまでのキャリアの中で長友を指導した3人のコーチたちによるコメントを伝えている。マルセイユにはDF酒井宏樹も所属しており、日本代表の両サイドバックとして長年プレーしてきた2人が同じクラブでプレーすることになった。今月12日で34歳になるという年齢