【ソウル聯合ニュース】台風8号が朝鮮半島に向かって北上しており、27日ごろソウルをはじめとする韓国の首都圏を通過する見通しだ。気象庁によると、台風8号は26日午前4時ごろ、南部、済州島の南約270キロの海上へと北上する見込み。27日には南西部、木浦の海上から北に進み、28日に北朝鮮の平壌付近に上陸すると予想される。27日ごろ、ソウルなど首都圏を通過する可能性がある。台風8号は当初、朝鮮半島の東