【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、ソウル市内で開かれた光復節(日本の植民地支配からの解放記念日)記念式典の演説で、「南北協力こそが、南北が共に核や軍事力の依存から脱却できる最高の安保政策」と述べた。米朝、南北関係がいずれも芳しくない状況下で、北朝鮮との協力を通じ、停滞している朝鮮半島平和プロセスに活力を吹き込む込みたい意向を示した発言と受け止められる。