バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が現地時間15日、バルセロナについての将来に関する「決断」をしたと発言している。バルセロナの公式サイトで伝えられている。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、バルセロナ対バイエルン・ミュンヘンが現地時間14日に行われた。バルセロナは2-8と歴史的大敗を喫し、準々決勝敗退となった。バイエルン戦後にバルトメウ会長が会見を実施。「とても、とても厳しい夜だ。