【AFP=時事】十代の間で動画共有アプリ「ティックトック(TikTok)」ブームを巻き起こした中国人富豪の張一鳴(Zhang Yiming)氏(37)はITの第一人者で、若い世代のトレンドを見極めて同アプリを世界的に大ヒットさせた。だが同氏の独創性は、ティックトックの運営企業を収益性の高い米市場で生き残らせるには十分ではないようだ。張氏は、世界に対してティックトックは安全保障上、何の問題もないアプリだと保証しようと努め