バイエルンの勢いが止まらない。チェルシーとの間に実力差があることは理解されていたことだが、8日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回線2ndレグでもバイエルンはチェルシーを4-1で撃破。2戦合計7-1と、圧倒的な強さを見せつけてのベスト8進出となった。その攻撃を引っ張るのは、もちろんエースのロベルト・レヴァンドフスキだ。今回のチェルシー戦でも2得点を記録するなど、今季のブンデスリーガが終わっても得点