6月23日に発売された、木村カエラ(35)の初エッセイ『NIKKI』(宝島社)。彼女の日常が日記形式で綴られた本作を読んで、夫の永山瑛太(37)は「冒頭から何度も嗚咽した。涙がとまらなかった」「日本中の皆さんに読んでほしい!!」と自身のインスタグラムでベタ褒めしています。身内にここまで絶賛されるなんて、どんな内容なのか気になりませんか? 「ダ・ヴィンチニュース」(KADOKAWA)でも書評を執筆している古川諭香