ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、昨年にパリ・サンジェルマン(PSG)行きを模索していたようだ。4日に、フランスメディア『フランスフットボール』が報じている。現在35歳のC・ロナウドは、2018年にレアル・マドリードからユヴェントスへと4年契約で加入した。移籍初年度は、セリエA8連覇に貢献。同リーグの年間MVPにも選出された。今シーズンも、ユヴェントスをセリエA9連覇に導いてい