中国・北京の人民大会堂で習近平主席と握手する自民党の二階俊博幹事長(2019年4月24日、写真:代表撮影/ロイター/アフロ)(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)前回のコラム「今井氏、二階氏、日本の対中融和勢力を米国が名指し」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61480)では、米国の有力シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)が日本の対中政策の形成要因について調査した報告書