欧州各国のリーグ戦はようやく終わりを迎えた。新型コロナウイルスによる中断や打ち切りという異例の事態となった2019-20シーズンに、日本人アタッカーたちはどのようなパフォーマンスを残したのか。100点満点で採点した。―――◆―――◆―――岡崎慎司(ウエスカ/スペイン2部)ーー80点(とてもよくやった)【2019-20シーズン成績】セグンダ・ディビジョン=37試合・12得点・0アシストコパ・デル・レイ=1試合・0得点・