【AFP=時事】アフガニスタン東部で2日に発生し多数の死者を出した刑務所の襲撃事件で、脱走し逃亡を続ける受刑者は3日時点で約270人に上り、当局は脱走受刑者の捜索を続けている。同国治安当局によると、その大半がイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員だという。襲撃ではISの武装集団がナンガルハル(Nangarhar)州ジャララバード(Jalalabad)にある刑務所を襲い、少なくとも29人が死亡。戦闘は3日午後まで続いた