中国共産党は人工知能(AI)技術を使って、中国全土に監視網を張る「パノプティコン(全展望を監視可能な監獄施設)」を建設し、人々の一挙一動を監視するシステムで覆い尽くそうとしている。さらに、この監視システムを世界に輸出している。米誌技術担当者は、こうした監視網に警鐘を鳴らす。米誌アトランティックの副編集長ロス・アンダーソン氏はこのほど、「パノプティコンはすでにある(The Panopticon Is Already Here)」と