(セ・リーグ、巨人2−9広島、9回戦、巨人6勝2敗1分、2日、東京D)広島が9点を奪う大勝で巨人戦の連敗を「5」で止めた。敗れた巨人は先発・桜井が三回途中7安打5失点で降板し、役割を果たせなかった。広島は一回、2死一塁から鈴木誠がレフトスタンドへ11号2ランをたたき込み、先制点を挙げる。二回には無死満塁から西川の右前適時打で追加点を奪うが、巨人はその裏、大城が5号ソロを放ち、点差を縮めた。し