さきほど「ウェークアップ!ぷらす」という番組を見たが、コロナ問題では辛坊治郎が一番よく分かっている。菅官房長官に、テレビではタブー化している問題の本質を巧妙に斬り込んでいた。「指定感染症」に入れてること自体が医療崩壊を招くという最も重要なことを暗示し、回答を求めていた。「テレビが煽る」という言葉も口にしたし、菅もそれを分かっていることが察知できた。今は政府も、マスコミとの戦い、小池都知事との戦い、