【AFP=時事】米国で初めて新型コロナウイルス検査で陽性になった犬を、飼い主が安楽死させていたことが分かった。米誌ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)が今週、伝えた。同誌によると、7歳のジャーマンシェパード、バディ(Buddy)は4月に体調を崩した。同じ時期、ニューヨークに住む飼い主のロバート・マホニー(Robert Mahoney)さんは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復しつつあった。バデ