オリンパスはカメラ事業から事実上撤退した。写真は新宿のビックロのカメラ売り場(記者撮影)この6月、カメラ業界を揺るがすビッグニュースが相次いだ。オリンパスは6月24日、デジタルカメラを中心とする映像事業を分社化して、投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に売却すると発表した。9月末までに最終契約を結び、年内に売却を完了する予定だ。売却額は未定で、「オリンパス」ブランドは当面維持するという。1936年以来