「賭けマージャンをしていたとして、賭博容疑などで刑事告発されていた東京高等検察庁の黒川弘務前検事長と記者ら3人を、不起訴(起訴猶予)とした東京地検の処分を不服として、告発を行っていた市民団体のメンバーらが7月13日、東京検察審査会に審査を申し立てました。市民目線で判断すれば、不起訴不当か、場合によっては起訴相当の結論が出る可能性もあります」【画像】黒川氏にかわって東京高検検事長となり検事総長に就任する