「広島2−7巨人」(14日、マツダスタジアム)広島は完敗を喫し、連勝が2で止まった。先発の九里が5回4失点で今季初黒星となった。エース菅野との投げ合いで、致命的な4失点を喫したのは三回。丸に適時打、岡本には低めの変化球をうまく拾われ、左翼ポール際へ6号3ランを運ばれた。六回には遊撃手の田中広の失策からピンチを招き、パーラの適時打で1失点。さらにウィーラーの打球を田中広が後逸する2点適時失策