ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規定違反によるマンチェスター・シティへの欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会出場禁止処分が撤回されたことに対し、リバプールのユルゲン・クロップ監督やトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督も批判的な見解を示した。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日に、シティに対して下されていた2年間のUEFA主催大会出場禁止処分を撤回する