爆売な新型「ハリアー」は現代版マークIIだった?現在、自動車業界でもっとも話題のモデルといえばトヨタの新型SUV「ハリアー」でしょう。それは受注台数にもシッカリ表れており、2020年6月末の時点での受注台数は約4万台(先行受注の約2万台を含む)と、月販目標台数3100台の10倍以上を記録しています。スターティングプライスは従来モデルより安い299万円とはいえ、決して安いモデルではありませんが、多くの人が「欲しい!!