先行き不透明な状態が続くなか、リアーナとTwitter社のジャック・ドーシーCEOは、引き続き困窮している人たちへの支援を継続している。リアーナは先ごろ、バルバドスのミア・モトリー首相から送られたビデオメッセージをSNSでシェア。自身が創設した「クララ・ライオネル財団」とドーシーCEOの慈善基金「スタート・スモール(Start Small)」が、バルバドスの学校に通う子どもたちのために4000台ものiPadを寄付したことを明らかに