バルセロナの会長を務めるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が、同クラブに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの残留を強調している。スペイン『アス』などが現地時間13日に報じた。クラブの内紛や自身への批判に嫌気がさし、2021年にバルセロナを退団するかもしれないと報じられていたメッシ。しかし、バルトメウ会長が同選手との契約延長に自信を示している。『TV3』のインタビューに答えたバルトメウ会長は「我々