実に由々しき事態。米軍は早急に感染者の行動履歴や接触可能性者、海軍病院等の医療体制、14日間の隔離政策、検査体制の現状など、感染症対策に不可欠となる情報開示に努めるべきです。2013年に日米が交わした、感染症が判明した際に、情報共有する覚書があるようですが、現在の規模の感染症は想定していなかったのではないか。すでに米国本国では、318万4681名が感染し、13万4097名の方がお亡くなりに