「巨人(降雨中止)ヤクルト」(10日、ほっともっとフィールド神戸)巨人・原辰徳監督(61)が10日、シーズン終盤の過密日程を見据えて“2020年型日替わり打線”の継続を明言した。勝負の秋に向けて今は故障による長期離脱防止に細心の注意を払い、同時に戦力向上を推し進める。「チームとしてスクラムを組んでいかないといけない」という思いが、日替わり打線の根幹だ。左脇腹違和感の坂本を温存し、この日は代打