日本代表DF冨安健洋およびDF吉田麻也は、監督がベンチに不在の状態でセリエAの次戦に臨むことになる。イタリアメディア『スカイスポーツ』が9日、両指揮官の処分を伝えている。冨安が所属するボローニャは8日、セリエA第31節でサッスオーロと対戦。1-2と敗れたが、2点を追う展開だった後半、指揮官のシニシャ・ミハイロヴィッチは判定に抗議をして退席処分を命じられた。この際に、第4審に対して侮辱的な表現で抗議しており、スポ