広島・堂林翔太内野手が開幕から好調をキープしている。圧巻は、8日・DeNA戦で1点を追う八回1死満塁から逆転の3号満塁本塁打を放った。デイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏が、投手目線から見た堂林の成長と今後の課題を語った。堂林が放った満塁本塁打は本拠地初勝利、連敗を4で止める値千金の一発だった。カウント1−1から真ん中やや外寄りの直球をバックスクリーンに放り込んだが、北別府氏は「あれは失投