「ありがとう」や「ごめんなさい」を強要しても思いやりの心は育たないお母さんは我が子に思いやりを持った子に育ってほしいと願います。思いやりがある子は心の底から「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えます。お菓子を貰ったら「ありがとう」とお礼が言える子になってほしい、お友だちと喧嘩をしたら「ごめんなさい」と素直に謝ってほしいと思うものです。しかし強要しても思いやりの心は育ちません。心のこもった「ありがと