米連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ長官は7月7日、シンクタンクのハドソン研究所で演説した。このなかで、中国のスパイ活動や米国の技術盗用が横行し、FBIが取り扱う5000件のスパイ事件の半分は中国に関連しており、今や約10時間毎に中国のスパイ活動を確認していると述べた。レイ長官は、中国は目下、中共ウイルス(COVID-19、新型コロナウイルス)を研究する米国の医療機関、製薬会社、学術機関から研究成果を盗み出そう