前法務大臣の河井克行衆議院議員とその妻河井案里参議院議員が公職選挙法違反の罪で起訴されました。この重要な局面において、相変わらず安倍総理は、責任を痛感している、説明責任を果たしていく、と決まり文句のような言葉を繰り返しました。問題は、その言葉をどう実行していくか。これまでも「口先だけ」が続きました。行動で示すのであれば、まずは安倍総理自身が国会に出てきて、どう責任をとるのか、自らの言葉で語ることで